福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1 メディックス三荻野2F

審美歯科 矯正歯科 インプラント 北九州 うえだ歯科

求人案内 症例 講演
うえだ歯科 UEDA DENTAL OFFICE 審美インプラントセンター北九州

症例紹介

インプラント

症例1

歯がグラグラするので歯を入れて欲しい。

骨の吸収が激しく難度の高いインプラントであった。
セラミックで歯を補綴し固定性でしっかり咬め、見た目もきれいになった。

症例2

歯がないので、義歯が動く。

インプラントを2本植立しこれを固定源とし義歯を装着。
動きもなくよく咬めるようになった。

術後7年経過。

  • 問題なく経過している。

  • 下顎に2本植立したインプラントにバーを装着した。

  • 義歯内面のクリップとバーで義歯を支えている。

審美

オールセラミック

症例1

  • 歯の大きさ、見た目が気になる。

  • 歯の形のバランスがよくなり色も白くそろえきれいになった。

症例2

  • 被せた歯が黄色くなってきた。

  • 白く透明感のある歯になった。

症例3

  • きれいな歯を入れたい。

  • 適合の良いきれいな歯になった。

症例4

  • 縁も黒いので、きれいにしたい。

  • 適合もよくなり色も隣の歯の色に合わせ自然になった。

症例5

  • 歯肉が腫れた。

  • 歯石取り、ブラッシング指導で歯肉を整え、オールセラミックで補綴した。

ラミネートベニア

症例1

  • 色と歯並びが気になる。

  • 短時間で終わらせたいとのことで補綴で歯並びを補正し、バランスよく被せた。色も白くなった。

症例2

  • 交通事故で歯が折れた。

  • 自然な形で補綴し、きれいになった。

症例3

  • 被せものの形や色が不揃いなのできれいにしたい。

  • 歯の長さラインを揃え、バランスのいいきれいな歯になった。

矯正

症例1

  • 上前歯の隙間が気になる。

  • 隙間もなくなり、きれいな歯並びになった。

症例2

  • 歯並びをきれいにしたい

  • 上顎は広げるためにまず拡大装置を使用。

  • 歯並びがきれいになり発音もよくなった。

症例3

  • 歯並びをきれいにしたい。
    前歯が出ているのが気になる。

  • きれいになり見た目がよくなった。
    またブラッシングしやすくなった。

症例4

  • 歯並びをきれいにしたい。

  • 歯並びがきれいになり、
    思いきり笑えるようになったと喜ばれた。

歯周再生

結合組織移植


  • 歯の色や被せ物が古いのでかえたい。


  • 左上2番が骨欠損のため歯肉がくびれている。

  • 歯肉の移植により歯肉の再生を行った。

  • 見た目もきれいになりブラッシングしやすくなった。

グラフト

歯がないところにインプラントを入れたい

インプラント後仮歯を入れた状態。
しかしインプラント歯の周りに硬い歯肉がないとブラッシングが困難なため、遊離歯肉移植術を行った。

硬い歯肉が出来たことにより、ブラッシングが容易になった。

エムドゲイン

重度歯周病に罹患している場合、エムドゲインを用いて歯周組織再生を促します。

義歯

コーヌスクローネ

症例1

歯周病により歯が抜けたり、
歯並びが変わってきた。

多数歯欠損で患者希望のため、バネのない義歯で対応。
残存歯に金属を被せ、その歯を使って義歯を固定。

症例2

交通事故により、歯が抜けたがそのままにしている。

患者希望により、バネがなく食事の度に動いたりしない義歯で対応。

親知らずの抜歯

親知らずが腫れたため抜歯を希望されたが、下歯槽管に当たっているため
そのまま抜歯をするとしびれが残る可能性がある。

歯の一部分を削りスペースを作った状態で、矯正装置をつけ引っ張った。

歯が動いて下歯槽管から離れたことを確認して、抜歯した。

包括治療

症例1

術前

上下顎重度歯周病のため、再生療法をおこなった歯列不正のため、
歯列矯正ののちセラミックにより補綴下顎臼歯部はインプラントをした。

症例2

歯がぐらぐらする。見た目も悪い。

上の歯は重度歯周病のため、再生療法のうえセラミックにより補綴
上顎両側臼歯部は上顎洞挙上術(サイナスリフト)のうえインプラント
下顎前歯部インプラントブリッジ、臼歯部はインプラントをした

症例3

全体的にきれいにしたい

上下重度歯周病のため、再生療法をおこなった。
歯列不正のため、歯列矯正ののちセラミックにより補綴
左上、右下臼歯部にインプラント
術後かみ合わせが改善された

症例4

上の前歯が腫れていると来院された。歯周病が進行している。
また、歯並びが悪く咬んだときに下の歯が見えず、咬み合わせにも問題あり

歯がないところにはインプラントを植立し、歯列矯正を始めた。

歯並びがきれいになり前歯の咬みあわせがよくなった。
歯周病も安定しており、審美的でよく咬めるようになった。

症例5

左下に入れ歯を作ったが慣れなくて苦痛ということで来院された。

機能性だけでなく審美性も希望されたので歯列矯正も行った。

左下奥2本にインプラントを植立した。

インプラント、歯列矯正、セラミックによる補綴を行いきれいになった。

メンテナンス

当院では治療終了後、インプラント、審美をされた方、歯周病のある方は1~3ヶ月ごとに担当の歯科衛生士がメンテナンスを行っています。メンテナンスでは、歯、歯肉の状態などをチェックし患者様に合ったお手入れ方法を指導し管理しています。

症例1

術前
上の前歯が欠けた。全体をきれいにしたいと来院された。

術後1年半

術後9年
右上第2大臼歯が若干骨吸収が認められる。
メンテナンスでしっかりとした管理が必要である。

症例2

上の前歯の歯茎が腫れていると来院された。

術後

術後2年半
咬合平面も揃い、臼歯部の欠損部もインプラントで補綴しきれいで咬めるようになった。

症例3

右上がうずくと来院された。

術後

術後8年半

術後15年半
プラークコントロールも良好で歯周病もしっかり管理されている。

Page Top