福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1 メディックス三荻野2F

審美歯科 矯正歯科 インプラント 北九州 うえだ歯科

求人案内 症例 講演
うえだ歯科 UEDA DENTAL OFFICE 審美インプラントセンター北九州

歯周再生療法

歯周治療

当院での歯周治療



歯を失い、義歯やインプラントが必要となるケースの多くが歯周病により歯を失った場合が多いという事実をご存知でしょうか?
実際、実に多くの方、成人の場合だとおおよそ8割の方が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病とは、歯の表面に付いたプラーク(細菌の塊)が歯と歯肉の間の隙間に入り込み、その細菌の出す毒素が歯肉に出血や腫れといった炎症を与える「歯肉 炎」と、歯を支えている骨を溶かしてしまう「歯周炎」とに分けられます。
以前は治すことが困難であると言われていた歯周病も、歯科医療が急速に進歩を遂げた現在では、進行を止めることが可能となってきており、またしっかりとした診断の上で 高度な技術を用いることにより、失ってしまった骨を元の健康な状態に改善していく事(再生療法)さえ出来るようになってきました。
「義歯やインプラント治療が必要となる前に、改善可能である、もしくは進行を抑える事が出来る歯は一本でも多く残す」・・・当院ではこのコンセプトを第一に、歯周病治療に取り組んでいます。

ポイント

歯周病を改善していくためのポイントは「炎症のコントロール」と「力のコントロール」であると言われています。 歯周病は前述した通り、細菌が原因で進行していきますので、この細菌による感染、つまり炎症をコントロールする事によって、初めてその進行を抑える事が可能なのです。

そのため、的確な診断のもと、

  • 熟練された歯科衛生士による一人一人にあったブラッシング法の指導
  • 歯の根に付着した歯石の除去
  • 局所に効果的な薬物の投与
  • レーザーによる細菌の減少
  • 合っていないために、周囲に悪影響を及ぼす「かぶせ物」などの改善
  • お手入れしやすい環境作り
  • 専門家によるメンテナンス(プロフェッショナルティースクリーニング)

などによる、徹底した「炎症のコントロール」を行っていきます。


  • 歯周治療術前

  • 歯周治療術後

ただし、これだけでは歯周病の改善は十分とは言えないのです。噛み合わせたり食事をしたりすれば、歯やそれを支える骨には当然力が掛かってきます。許容範囲を超えた力が掛かかると周囲のバランスは崩れ、歯を支える骨が破壊されていきます。この許容範囲を超えた力を分散させるために、

  • 噛み合わせのバランスの調整
  • グラグラと動く歯の固定
  • インプラントや義歯などによる負担の分散や補強

などを行い「力のコントロール」を図っていきます。

この「炎症のコントロール」と「力のコントロール」のどちらが欠けても歯周病は進行を止めないため、当院では徹底した検査・診断のもとに、長期間安定したお口の健康を保つため、この2点の改善を図るよう最大の努力をいたします。


  • 歯周治療術前

  • 歯周治療術後

高度先端歯周再生治療

重度の歯周病により歯の周囲の骨を失ってしまった場合、その骨を元の状態に近づくように改善していくためには外科的な処置が必要になってきます。たいていの場合、歯と歯肉の間のポケット内のプラークを除去し、感染した歯肉だけを切除する一般的な外科手術だけでも歯周病の進行を抑えることは可能です。しかし、歯の周りの組織が再生能力を残している場合はそれを引き出す処置を併用することにより、失ってしまった歯の周囲の骨を元の状態に戻すことが出来るのです。当院では徹底した検査・診断の元に、可能な限りこのような 「再生療法」に取り組んでいます。

エムドゲイン治療

エムドゲインとは、スウェーデンで開発された新しい歯周組織再生誘導材料で、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種でできています。外科的な手術によって歯の根面にエドムゲインを塗布する事により、歯が生えるときと似たような環境を再現し、損なわれた歯周環境の再生を促す効果があります。

骨移植

骨移植とは、歯肉を切開して強固に沈着した歯石や汚染した組織を取り除いた後、骨の欠損部位に代用の骨を注入することによって、その代用の骨の周囲を取り囲むように骨が再生してくる可能性を高める方法です。

歯周病の再生療法は誰がどのようなケースで行っても成功するというわけでなく、検査・診断により適応かどうかを見極めた上で、経験に裏打ちされた高度な技術を用い、初めて可能になってきます。
当院では安心して治療していただけるよう、資料・ケース例を数多く揃えておりますので、是非一度ご相談ください。

Page Top